いつもの料理は、いつもの場所で

Uncategorized

投稿日:

横浜で食べた豚足は美味しかった

八角の香り、少しトロンとしたタレ

何時間煮込んだのだろうか

骨からするりとはがれる豚足

中華街、路地を少し入った小さい店

店内は無音で愛想のないおばちゃんが一人

厨房にメニューを通す時は中国語だった

しきりに取り皿は出さないからなと言っていた

豚足の煮込み、ねぎそば、焼き飯、ビールを頼む

みりんはバカな大人より空気が読める

静かに麺をすすっていた

それが良かったのかおばちゃんは途中から愛想よくしてくれた

冷めたお茶は一度捨て熱々を注いでくれたし、みりんにはいい子だからとおもちゃをくれた

たかが小一時間、小さい人間関係ができる飲食店はやはり面白い

 

-Uncategorized

関連記事

自分で

自分の機嫌は自分でとる 2本のリングを追加した ゴツゴツしていて火傷も多い男みたいな手だけど 付けたくなるジュエリーSATOMI KAWAKITA

新しいお皿

お皿を買う時、「何の料理にあうだろう?」と考える 淡い紫、いや、パープルって言う方が合うかな? 軽めのクリーム煮をリムいっぱいまで この小ぶりなお皿には合うんじゃないかな 夕方から呑み始める休日

フレンチトースト

朝は甘いものが食べたい、て日が多い そんな時はフレンチトースト 今回は栗のアイスクリームといちごをのせて

まかない

庭仕事の日 どろどろの服でパパっと食べる 残りのポトフにパスタを入れ茹でる 少しのチーズをすりおろす 美味しい出汁を吸ったパスタはまかないながら美味しい

4歳

みりんが4歳になった 早朝からの陣痛に白目を向きながらスクワットし 夕立の雷雨と共に15時ちょうどに生まれてきた 毎年必ず思い出すんだろうな 大きくなれよ〜  

PREV
酵母
NEXT
鎌倉

New title

category

2019/02/05

立春

2019/02/05

いいもの

2019/02/05

時間

2019/01/27

前日

2019/01/27

大寒波